恐るべし”キュベ パピーユ”

ほんと、恐ろしいことってあるもんですね!

今までの、ワイン生活の中で一番恐ろしくビックリしました!

それがこの”キュベ パピーユ”なるワインです。

d0184371_2317366.jpg


このワイン、日本の大阪にあるワインショップフジマルが作ったファーストビンテージのノベッロ

フランス語で言うヌーボー
、いわゆる新酒です。

このワインを当店に納品して貰ったのが、10月の前半で納品してもらってからすぐに開けて

その当初まだ、ワインになりきってなくハッキリ言って飲めたもんじゃなかった

このワインをお客さんには出さないで、場吸盤をせずコルクで栓だけして今日までセラーに放置していました

今日、セラーをガサガサしていると、おや!?

アッ!!!!!!

忘れとったー!


恐る恐る飲んでみると・・・・・・・・・・・・・・・・・エッ!

うまいっ!!!!!!!!!!!!

開けてから、かれこれ1ヶ月半近くはたっています。

もう、すっかりワイン、いや・・・・・・・

美味いワインになっていました!

前の段階では、まだワインになっていなかったのに、1ヶ月半たつともうすっかりワイン!

それも、バッセンしてからの1ヶ月半!

このワインは、ワインショップフジマルのオーナー藤丸さんを中心にショップの方々が

交代でワイン畑の地味な作業を続けてできた情熱ワインです。、

勿論、その間も通常の仕事をこなしながら・・・・・・・やば過ぎる!

猟奇的にやば過ぎる!

なんとも、チャーミングで、それでいて深みも感じます。

物作りは、やっぱり情熱がほんとに大事、ということを

改めて思いました。

情熱大陸の取材が入ってもおかしないやろ!

いや、するべきや!

なんて、思ってしまうワインです。
# by dsxfd716 | 2010-11-22 23:36 | ワイン